体を変える施術

薔薇を持つ女性

インクリーズヘアーの高い評判が今注目されています。自然なボリュームアップを実現できたことで、利用者から喜びの声が大量に挙がっていますよ!

美容に対する人間の欲望はとても強い。美を追求するということは、人間の本能であるかのように、歴史的に重要な絵画などには美しい男女の姿が描かれている。そうした傾向は今も続いているが、今は医療の発達によって美しさは手が届かないものなどではなく、実現可能な美になっている。品川美容外科ではそうした最新の医療で美を実現している。自分の顔を変えるということは不可能とされていたが、おでこや目、鼻や顎の骨を削る、または器具を入れることで変えることが可能となっている。このため、全く別の顔になることもできるのである。別の顔にならなくとも、顔を若々しいまま維持することもできる。シワになったところにはヒアルロン酸を入れることで皮膚を一時的に伸ばす方法をとる。そうすれば、深いシワにならずに年齢が刻まれない肌にすることができるのである。

しかし、医療に関することでも判例が幾つかあるように、美容外科でも告訴や提訴などが度々見られることは事実である。このとき、患者側には手術をしたことが影響し、体に麻痺が残るといった事例もある。告訴とは、刑事事件として訴追するように検察側に訴えを起こすということで、裁判にならないことも多い。裁判にならなかった事例としては、患者側に落ち度がある訴えもある。たとえばアフターケアの際に包帯の交換や注意事項を守らなかったために後遺症が残ることもある。また、医師と患者の理想の体型や顔についてのギャップもその一例となる。

注射
美容を実現するために

美容外科の技術は発達している。このため、品川美容外科などの大手美容外科チェーンでは、全国で女性の美を実現している。昔は整形がうまくいかず、告訴という事例もあったが、今は少なくなっている。

横になる女性(セピア)
カウンセリングが重要

理想の顔や体型を実現させるには、美容外科医とのカウンセリングが最も大切で、品川美容外科はこれを重視している。告訴の事例の中で多いのは、この理想型に対する双方の意識のギャップであることから、意思疎通は大事である。

薬
大掛かりな手術

顎の骨を削るなどの大掛かりな手術では、ダウンタイムが長らくかかり、包帯の交換も細やかに行なう必要がある。品川美容外科はこの指導を徹底している。告訴の例の中には、こうしたアフターケアが行き届いていなかったことも挙げられる。

オススメリンク